「自室で死亡」と虚偽申告、部屋の原状回復費100万円詐取か…保険代理店代表を逮捕 - 読売新聞オンライン

提出された死体検案書の死亡日も約2か月遡って記載されていたという。府警は、遺体が長期間放置されて部屋が汚れ、回復費が高額になったよう装ったとみている。加入していた家財保険は単身の入居者が室内で死亡した際に原状回復の費用

374863102023/01/25 14:00:002023/01/25 14:10:032023/01/25 14:10:03https://www.yomiuri.co.jp/media/2023/01/20230125-OYT1I50094-T.jpg?type=thumbnail

Timeline

Topics

Let's catch you up

Get a daily feed of bullet points.
Breeze throughToday's headlines
Thank you! Your submission has been received!
Oops! Something went wrong while submitting the form.